院内紹介

外観

  • 当院は、歯周病治療、矯正歯科、訪問歯科等を主たる診療科目
  • 歯周病治療から、入れ歯作成、訪問歯科まで
  • 患者様のニーズに応じられ

当院は、歯周病治療、矯正歯科、訪問歯科等を主たる診療科目とし、歯周病治療から、入れ歯作成、訪問歯科まで、患者様のニーズに応じられ、口腔に関する全ての悩みにお答えできるのを目標に日々診療に取り組んでおります。

院内

  • 院内
  • 院内
  • 院内
  • 院内
  • image
  • image

医療器具

歯科用CT Fine cube(ファインキューブ)

3D画像をリアルタイムに自由に動かすことができるので、骨の形態や奥行きを容易に把握できます。 今まで自分の骨の状態を知ることができなかった患者さんにとっても、ひと目で理解することができ、 今まで「見えなかったものが確認できる」「判らなかったことが判る」「出来なかった治療ができる」正確な診断、快適な歯科治療のために当院では、患者様のご希望により歯科用CTの撮影を行っています。

歯科用CT
ct002

レントゲンで撮影

当院で利用している麻酔 当院で利用している麻酔
ct001

歯科用CT Fine cubeで撮影

通常、歯の虫歯の状態、歯の形、歯を支える骨の状態を確認する為に、お口の状態を知る為の資料として、歯を前歯、犬歯、臼歯で上下左右で10枚~14枚でレントゲンを使います。レントゲンは、立体のものを影絵のように平面で表す為、重度歯周炎の歯をささえる骨の状態や、根の先の病気、神経の管がどのよう形になっているか困難な場合があります。その際CTを用いる事で、根の形、骨の状態、を立体的に診査できることでより的確な治療を行う事が出来ます。

→CTの活用例



デジタルレントゲン

治療の際に、レントゲンで歯や顎の状態を調べることがあります。 デジタルレントゲンを使用することで、撮影後の画像がその場で確認できます。また、従来のレントゲンと比較して、少ない被ばく量で鮮明な画像を撮影できます。

デジタルレントゲン


口腔内撮影用カメラ

当院では、治療前・治療後のお口の状態をデジタルカメラで撮影しています。写真で記録しておくことで、治療前後の様子を見比べることができ、治療の効果がより分かりやすくなります。

口腔内撮影用カメラ

歯科用拡大鏡

当院では、治療の際に拡大鏡を使用しています。 拡大鏡を使用することで、肉眼では確認しづらい歯の微妙な様子を確認でき、より精密な治療が可能となります。

歯科用拡大鏡

電動注射器

オーラスターという電動の注射器を使えば、麻酔薬が注入される圧力が一定になり、圧力による痛みを解消します。また、通常よりも細い針(31G)を使い、針の刺さる痛みを和らげます。

電動注射器

弱酸性水精製器

当院では、院内感染の予防などの衛生管理を徹底するため、弱酸性水を使用して器具の洗浄や患部の消毒に利用しています。

弱酸性水精製器