小児矯正(バイオブロック治療 その3)

2017/1/25

前回は、上顎の焦点を当ててお話ししましたが、下顎についてお話しします。

上の歯は、装置に組み込んだ拡大ネジ(エクスパンジョンスクリュウー)で拡大していきましたが、 下顎は、装置に組み込んだワイヤーの力を利用して拡大していきます。

下顎の第二乳臼歯(E)にバネをかけそれを固定元に下顎のアーチを拡大していきます。

.001 この下顎の装置も非常に良くできています。

横に広げるだけでなく、 大人の歯の第一大臼歯や、下の前歯を圧下と行って、

骨の中に埋め込むような力を与えることができます。

この辺の話は、専門的な話になりますが、ハイアングルなケースもアンクロックローテーションさせて、改善させるというようなかともできます。 咬合平面という噛み合わせの面をコントロールできるの装置なのです。