重度歯周病でインプラント治療した患者さん

2017/2/12

前歯がグラグラする、どこで噛んだらいいかわからなくて、頭がおかしくなりそうだと来院された、呉市在住の患者さんです。

初診時写真とCTで構築した3D画像です。

インプラント.001インプラント.002

 

私は、歯周病専門医です。どちらかというと、とことん歯を残したいと思うタイプの歯科医師です。

そんな私でも、歯を支える歯槽骨が周りに全くなく、歯茎に引っ付いたような状態の上の前歯4本と下の前歯2本は、抜歯だと判断したしました。

抜歯した歯を確認すると、根の先まで、歯石が付着しているのがわかります。

残った歯の歯周病治療は、まず保存不可な歯の抜歯のあとに行っていきます。

インプラント.003

抜歯したあとは、前歯で見える場所なので、部分入れ歯を使ってもらいながら、

前歯の歯茎の回復と歯周病治療を徹底的にやっていきました。

インプラント.002

当院では、通常失った歯の数が多い患者さんの場合インプラントを入れる前に

リハビリ期間として義歯を使用していただきます。

下顎に義歯を入れたことで、奥歯で噛めるようになり、噛み合わせも安定していきました。

インプラントを希望された方でも、十分義歯で満足される方は少なくありません。

インプラント.002

義歯で満足された方は、残りの歯の歯周病治療が終わった後、義歯を作成して終わりになります。

この患者さんは、欠損の数が多い上顎はインプラントを希望されました。

上顎は、4本インプラントを埋入しました。

インプラント.001

インプラント.006

治療終了時の写真です。

インプラント.004

上は、インプラントの固定式で、下は、部分義歯です。

インプラント.008

インプラント.005