下の前歯の揺れと痛み(エンドペリオ病変)

2017/3/23

下の前歯の揺れと痛みを主訴に、当院に来院された患者さんです。

前医の先生も苦労したようですが、なかなか改善せず歯周病専門医ということで来院されました。

患者さんのお口の写真です。

エンドペリオ.008

 

下の前歯の矢印の位置が、腫れていて、そこから膿が出ている状態で、

エンドペリオ.009

前歯の裏もみっちり歯石が付いている状態でした。

エンドペリオ.010

 

レントゲンを撮ってみると右下(左右反対になる)一番の根の周りの骨がなくなっているのがわかります(赤の矢印)

エンドペリオ.002

 

この歯は、虫歯ではありませんが、いつの間にか神経が死んでしまい。悪くなった神経から周囲の骨が逃げるようになくなっている状態です。

この歯に電気を当てて診査してみまると、やはり神経が死んでしまっていました。

また、歯周ポケットの状態も通常健康な歯茎が3ミリ以下なのに対して口唇側のポケットは、11ミリ深く、根の先まで骨がない状況でかなり歯周病も進んだ状態でした。

根尖性歯周炎という神経が悪くなった状態と歯を支える部分の骨が歯周病でなくなってしまったダブルパンチの状態でした。こういった二つの問題が一緒に起きてしまった状態をエンドペリオ病変と言い、治りにくく抜歯に至ることも少なくありません。

この歯の問題点として、

エンドペリオ病変である。

 

歯並びが悪く、隣の歯と近接した状態である。

歯周病で唇側の歯の周囲に骨がない

上の歯とガンガン当たっている

 

CTを撮影して、CTで構築した3D画像です。歯の周りの骨がないのがわかります。

エンドペリオ.011

この画像を見ると抜歯の判断が妥当だと思いますが、現在の痛みが、根尖性歯周炎(根っこの先の病気)からと診断して、まず神経の治療をして、上の歯と当たっているのを調整して様子を見ることにしました。

エンドペリオ.001エンドペリオ.003

左上から治療前、右上 歯内治療開始、

左下 根充後、右下 根充から6ヶ月の現在の状態

随分、根の先の透過像(黒い範囲)が改善してます。

現在のお口の写真です。エンドペリオ.004

炎症も無くなり、歯周ポケットも 改善しました。

この患者さんは、喫煙者だったので、歯周外科を行っておりません。

私は、根の治療を行っただけで、治療を良い方向に導いたのは、当院の衛生士です。

今後は、メインテナンスで経過を見ていきます。

 

アンケート

 

■患者様情報

性別:男性

お住まい:呉市

年代:46歳

職業:会社員

■  症状

下前歯のグラつき、痛み

■  ご来院までの経緯

インターネット

■治療を受けた感想

他の歯医者で、さじを投げられた状態で全く治らなかったが、

悩み、痛みを親身になって治療していただき感謝しております。