あなたの舌は、どこにおいてますか?(正しい舌の位置)

2014/9/10

あなたの舌は、どこにおいてますか?

と聞かれて即答できるかたはほとんどいません。

さて、あなたの舌は、どこにおいてますか?

  • 上あご
  • 真ん中
  • 下あご

よくわからない方は、つばをごっくんと飲み込んでください。その時舌はどこにありましたか?

実は、舌の正しい位置上あごです。

ベロ先を前歯の付け根の上に置き、

ホームページ 舌は上.001

舌全体を少し陰圧にして吸盤のよう口蓋にくっつけるイメージで

す。

アイウベ体操2.001

大切なのが、舌の根元から上にくっつけることです!!




舌

 

あかちゃんは、母親の母乳飲むために、舌で乳房を口蓋に押し当てしごいて飲みます。その時、鼻で呼吸する事をおぼえ、口から、栄養をとることを覚えます。また、舌の位置も上におくようになります。

当院の割合ですが、正しい上顎に舌がある方は、50%ぐらいです。

下や真ん中にあると答えた方は、顎の位置が不安定で歯ぎしりや食いしばりをしていたりして、体に余計な力を与えていたり、舌により歯に余計な力を与えている可能性があります。

ヨガや太極拳でもまず最初にベロを上にくっつけるように指導があるようです。

余分な所に力が入らないようにする、先人の知恵なのかもしれません。

実際、舌を上につけると唾液がたくさん出てくるのがわかると思います。また、舌を上顎につけた状態では、噛みしめることが難しいことに気づくはずです。

 唾液がたくさん出る事で、虫歯、歯周病も防げ、体の免疫力が上がります。

私自身、以前舌は下にありました。コーヒー好きでいつも前歯にステイン(茶渋)がついていました。

ベロを上にを心がけて生活するようになると、唾液がでるようになりステインがつかなくなりました。

じつは、こんな簡単なことで、悩んでいた不定愁訴(頭痛、肩こり)が改善した患者さんも少なくありません。まずは、試しにやってみてください。

興味をもたれた方は、宗廣 素徳先生今井 一彰先生の本を読んでみてください。

宗廣 素徳先生『舌は、下でなく上に』 今井一彰先生『免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」』

特に小児期の早い時期から舌の正しいボジションで生活することで、歯並びや姿勢も改善してきます。

唾液が出ることで、虫歯や風邪(細菌やウイルス)になりにくくなり、さらに消化も良くなり、胃腸の負担も変わってくるはずです。

jpeg jpeg-1

ただ、舌を上につけることが難しい人がかなりいるようです。

それは、上アゴ(口蓋)の形に問題がある人(舌がおさまるスペースがない、口蓋が小さかったり、高口蓋の方)だったり

舌が上に上がりきれない方(舌の癒着がある方、力のない方)

そう行った方は、舌の訓練や舌のマサージで随分改善します。

お悩みの方は、ご相談ください。